forme / Whole Cut (Brown)

forme / Whole Cut (Brown)

formeのホールカットシューズです。

20SSシーズンより新たに採用されたNo.10の木型を使用したモデルです。従来のフォルメの木型に比べ、つま先のボリュームを抑えて形状をシェープさせることで、カジュアルなだけではなくセミドレスにも対応するシューズに仕上げています。ボールガース部分に多少ゆとりをもたせ、ウエストで足をホールドさせる仕様は他のモデルと共通の作りです。

アッパーはホールカットをベースにしています。履き口にスタンドカラーを模したパーツを挟みこむことで、デザイン性を高めています。タンをやや短めにデザインすることで、タンなしのシューズのような雰囲気に仕上げていることも特徴です。

素材はアメリカのホーウィン社が手がけるSHF(Single Horse Front)レザーを使用しています。ベジタブルタンニンで鞣した馬革を染料で染め上げ、多量のワックス(ロウ成分)を染み込ませています。裏側が綺麗に処理されているため、厚さの割りにハリがありますが、ロウ成分とベジタブルタンニン成分により、使用していくことで柔らかく馴染み、色濃く変化し艶も増していきます。

また、本来は革の裏側を使用することを前提にして作られた素材のため、表側は馬革特有の血筋や傷、染料のハネやムラ感などの通常であれば加工によって隠す部分がそのまま残されています。フォルメではこれらをデザインとして捉え、あえて傷などが残る面を靴の表面に使用することで、一足ずつ表情が異なるシューズに仕上げています。

製法はマッケイをチョイスしております。甲革・中底・本底を合わせて通し縫いをし、作り上げる製法です。シンプルな製法のため、フィット感が良く、底の返りの良さもあります。構造上、コバの張り出しが少なく、すっきりとシャープな印象で履くことができます。先端に金具留めがつくコットンのシューレースや馬蹄をモチーフにしたオリジナルのヒールソールなど、シューズの雰囲気にあわせたパーツ使いもポイントです。

シャープですっきりしたデザインに表情豊かな素材感が加わることで、独特なニュアンスに仕上がっています。洗練された美しいフォルムと上質な革の質感、製法に至るまで、フォルメらしい手間と拘りを詰め込んで作られた一足です。

★上記商品はBLOGでも詳しくご紹介してます。

[Color]
Brown

[Material]
SHF

[Size] サイズ目安
(5) 25.0-25.5cm
(5 1/2) 25.5-26.0cm
(6) 26.0-26.5cm

[Attention]
・素材の特性により血筋や傷、染料のハネやムラ感などがございます。また、これらは個体によっても入り方が大きく異なります。
・掲載写真につきましてご利用のモニター環境等により実物の色味や質感と多少異なって見える場合がございます。
forme / Whole Cut (Brown)

forme / Whole Cut (Brown)

Code:
fm-104
Price:
64,900 yen (tax in)
Point:
590 pt
SOLD OUT