SUGINARI MORIMOTO / 7hole Mid Cut Boots

SUGINARI MORIMOTO / 7hole Mid Cut Boots

SUGINARI MORIMOTOの7ホールミッドカットブーツです。

木型はデザイナー森本氏のビスポークシューズ製作の経験を元にして、日本人の足型の特徴を考慮して作られたドレス寄りのスクエアトウラストを使用。足なりを再現した立体的な丸みのあるフォルムを意識し、カカト周りも日本人に合わせた小さめの作りで、ホールド感を高めています。また、つま先を反り上げたローリング効果をラストに施すことにより、歩き易さを追及していることも特徴です。(履き込んでいくと、つま先の反り上がりが足にあわせて少し下がり、さらに歩き易くなるように設計しています。)

アッパーの素材はイタリア・トスカーナ州のタンナーで作られた上質なバケッタレザーを使用しています。革の厚みは1.0-1.2mm程度で、とても薄く非常に繊細で、ベビーカーフのようなしっとりした肌触りをしています。タンニン鞣しのため、使い込むと艶が増し、浸透したオイルが表面に浮き出て鈍い光沢を放ち、美しく味わい深いエイジングを楽しむことができます。ライニングは柔らかくて足当たりの良いホースレザーを使用しています。

デザインソースは1950’Sのフランス軍ミリタリーブーツです。こちらのブーツを参考に、シャフト長と履き口の細さのバランスを模索し、最適なバランスに仕上げています。具体的には足首をタイトに締め付け、ふくらはぎに掛けてもフィットするようにシャフト幅は細く設計して、足が細く見えるシルエットにデザインしています。履き口の縫製仕様は、製靴技法でいう「無双縫い」という袋縫いでまとめられており、縫い目を出さずミニマルな雰囲気に仕上げています。アッパーを靴型に沿わせる釣り込みの作業は、手釣りで行っております。機械で行う釣り込みに比べて、足馴染みがいいことが特徴です。

製法は前足部に「ブラックラピド製法」、中足部に「ウッドネイル製法」を採用しています。ブラックラピドはアッパーと中底革、そして、コバ部分のパーツとなる中板革をマッケイ縫いで縫い合わせた後、本底革のコバ部分にダシ縫いを掛ける製法です。マッケイの利点であるしなやかさを持ちながら、マッケイ製法のデメリットである耐久性という問題点を解消する合理的な製法です。ソールは重厚感のあるトリプルソールです。ソールに厚みがある分、ボリューム感が出過ぎないようにソールのウエスト部を削って絞りこみ、木釘を打ち込んで固定する「ウッドネイル製法」で仕上げています。

製品として完成した靴にティーフィニッシュ(煮出した紅茶に漬けこむ独自の仕上げレシピ)を施すことにより、色合いに深みが増し、風合いもさらに良いものになっています。シューレースもレザーと同じ染料で手染めされており、シューズの雰囲気をより一層高めています。

こうした靴作りにおける工程の全ては、神戸のアトリエ内で、人の手によって行われています。生きた証である革に敬意を表し、丁寧に手で革の感覚を感じ取りながら作られる靴は、履き心地の良さだけではなく、素材、製法にいたるまで一切妥協がない拘りの1足に仕上がっています。

★上記商品はBLOGでも詳しくご紹介してます。

[Color]
Black

[Material]
Soft Vaqueta

[Size] サイズ目安
(40) 25.0cm
(40.5) 25.5cm
(41) 26.0cm

[Attention]
・天然皮革を使用している為、染めムラやキズや血筋等がございます。
・レザーの質感には個体差がございます。また、手染めの為、色合いにも個体差がございます。
・シューレースは水に濡れたりすると色落ちや色移りがあります。
・掲載写真につきましてご利用のモニター環境等により実物の色味や質感と多少異なって見える場合がございます。
・上記のサイズ目安(cm表記)につきまして、着用感には個人差がございますので、ご参考程度にお考えくださいますようお願いいたします。
・サイズの交換や返品はお受けいたしかねます。あらかじめご了承のうえ、ご注文くださいますようお願い申し上げます。
SUGINARI MORIMOTO / 7hole Mid Cut Boots

SUGINARI MORIMOTO / 7hole Mid Cut Boots

Code:
SGM01-7hole
Price:
127,600 yen (tax in)
Point:
1,160 pt