Aquellos Ojos Verde / National Uniform Jacket

Aquellos Ojos Verde / National Uniform Jacket

Aquellos Ojos Verdesのナショナルユニフォームジャケットです。

古来より幅広く使われてきた伝統的な縞模様にフォーカスしたス”Authentic SHIMA”のラインから展開されているアイテムです。同ラインでは博物館や創業100年を超える機屋に現存する各年代のアーカイブをベースに、その意匠や技術、時代背景からインスパイアされ再構築をした生地を使用しています。

年代は、1903 / 1932 / 1970とカテゴライズされており、こちらのアイテムは1903に属する生地を使用しています。トップ糸をオーバーダイし、色に深みを出し、更に撚り合わせ杢にした5色の糸を使用しています。それらの糸をギュッと目を詰めて織り上げた後、ミドル加工を施すことで、滑らかな質感ながらも、コルクのような奥行きを感じさせる味わい深い表情の生地に仕上げています。

デザインは日本の国民服と呼ばれた戦時中に開発されたジャケットをベースにしています。当時の背景からなる過剰な装飾を省いたシンプルなデザインとクラシックな雰囲気を醸し出す襟元やフラップ付きのポケットがポイントです。釦はナットボタンを使用しています。

裏地のない一重の使用ですが、袖口のみミリタリーのCPOシャツをイメージして裏地を付けています。裏地にも柄織のストライプ地を採用しています。また、ナポリシャツを原点とするブランドだけに、シャツのパターンをベースに、運針数なども同じにして製作されていることも特徴です。手仕事による袖剣ボロのグリカンからも、その意匠を感じとることができます。

その他のディティールの特徴には裾に付いている三角形のマチが挙げられます。本来は補強のためアメリカのワークウェアのように頑丈に付けられていましたが、ファッションの多様化に伴い、イタリアでは各カミチェリアの意匠を表すものとなりました。同ブランドでは尾州の頭文字”B”を入れ、製品最後の仕上げとして手縫いで付けています。

シャツを羽織るような感覚でスタイリングできる気軽さがありながら、素材や仕立てに拘ることで、凛とした佇まいも感じることができる同ブランドならではの1着です。

-Authentic SHIMA 1903-
1800年後期〜1900年代初期にかけての二度の大戦を迎えて国産毛織物の生産が一気に増える転換期。1903年の内国勧業博覧会で発表された初期の国産毛織物はまだまだ着物の雰囲気を残すものでした。この1903では、そんな日本人の精神の根底にあるような間、奥行き、凛とした佇まいをイメージし幅広いピッチのストライプを表現します。

★上記商品はBLOGでも詳しくご紹介してます。



[Color]
Khaki

[Material]
Wool-99%, Polyester-1%

[Size] 肩幅 / 身幅 / 着丈 / 袖丈
(3) 48cm / 56cm / 76cm / 60cm
(4) 50cm / 58cm / 78cm / 62cm
→着用STAFF 170cm 55kg 3着用

[Attention]
・素材の特性により生地には織りムラや染めムラやネップ等がございます。
・掲載写真につきまして、色補正はしておりますが、複雑な色味のため、写真と実物で若干の差異が生じることをご了承ください。カラーはブラウン、グリーン、ベージュなどの何色かの糸をミックスして作られています。光の加減によっても色合いが若干異なって見えるカラーです。
・サイズに若干の個体差がございます。上記の採寸値はあくまで目安となっております。
・ブランドごとにサイズの表記方法が異なるため、上記の採寸値とスタッフの着用写真を参考にしてサイズをお選びください。
・お客様都合によるご注文のキャンセルおよび返品交換はお受けできません。
・当サイト内の写真の無断転載はご遠慮ください。
Aquellos Ojos Verde / National Uniform Jacket

Aquellos Ojos Verde / National Uniform Jacket

Code:
AAL-SHIMA-1903-1
Price:
63,800 yen (tax in)
Point:
290 pt