Brand List

Item List

T.T / Denim Trousers c.1920's

T.T / Denim Trousers c.1920's

T.TのDenim Trousers c.1920'sです。

Taiga Takahashiのアイコニックアイテムでもある1920'sデニムジャケット。髙橋大雅はリーバイスよりもストア系と呼ばれるブランドのデニムが好きだった。特にForemost というブランドを展開していた J.C.Penny。1920年代にリーバイスを真似たデニムを作り始め、徐々にオリジナリティを持ったデザインが展開されていった。それらのデニムを蒐集し、彼らが試行錯誤してリーバイスと差別化を図るかという意志を、ディテールの随所に感じ、その意思を引き継ぎ、 同ブランドのオリジナルデニムが誕生しました。

生地は米国産オーガニックコットンを使用し、岡山にある旧式力織機で織り上げた3/1 左綾、ライトオンスデニム。現代の織機の10 〜 20 分の1という低速度でしか織ることができないシャトル織機とも呼ばれる旧式力織機でゆっくりと織り上げたデニム生地は、綿糸本来の凹凸が残り、程よいムラ感が生まれています。

経糸は硫化染料をミックスしたインディゴで、風化したようなグリーンキャストな色味が特徴。ロープ染色で芯白に染めています。緯糸は時間経過を感じさせる黄ばんだ生成りに染めた特注のネップ糸を使用。これらの2種の糸を使用することで、独自の濃くて深みのあるインディゴブルーに辿り着いています。

仕上げには、サンフォライズドと呼ばれる防縮加工を施しています。「白耳」のセルヴィッジデニム生地になっており、ベルト裏など各所に白耳を利用しています。

型は股上がかなり深く、わたりから裾まで真っ直ぐに落ちた太めのシルエットが特徴。丸くカーブしたフロントのポケットに、明き部分に付いたリベット、後ろ側についてあるバックルバックなど残すべき部分は残した設計になっています。前立てはボタンフライです。

特注の刻印入りボタンとバックは全て鉄製で表面にメッキ加工を施していません。そのため、時間が経てば錆びてきて、経年変化を楽しむことができます。シグニチャーの革パッチは奄美大島で泥染めを施しています。

1920年代の当時と全く同じ作り方で、全てのディティールを再現。細部にまで拘り抜いて作られたブランドのアイコニックアイテムに相応しい1着です。

コーディネートでは、股上の深さを活かしたシャツインスタイルやスウェットやジャケットなどにあわせたクラシックな着こなしがお勧めです。共地のデニムジャケットとの上下デニムあわせや裾を折り返してセルビッチを見せて履くこともできます。

★上記商品はBLOGでも詳しくご紹介してます。

[Color]
Raw Indigo

[Material]
Cotton-100%

[Size] ウエスト / 股上 / 股下 / ワタリ / 裾幅
(30) 76cm / 32cm / 86cm / 35cm / 27cm
(32) 80cm / 33cm / 86cm / 36cm / 28cm
(34) 84cm / 34cm / 86cm / 37cm / 29cm
→着用STAFF 170cm 55kg 30着用
※裾を中に折り込んで着用しております

[Attention]
・素材の特性により生地には織りムラや染めムラやネップ等がございます。
・鉄素材の付属品を使用しているため、時間経過により錆びや劣化がおこります。
・サイズに若干の個体差がございます。上記の採寸値はあくまで目安となっております。
・ブランドごとにサイズの表記方法が異なるため、上記の採寸値とスタッフの着用写真を参考にしてサイズをお選びください。
・掲載写真につきましてご利用のモニター環境等により実物の色味や質感と多少異なって見える場合がございます。
・在庫は実店舗とオンラインショップで共有しております。実店舗の販売で、売り違いが出た場合は、ご注文をキャンセル扱いとさせていただきます。
・お客様都合によるご注文のキャンセルおよび通販の返品交換はお受けできません。
・当サイト内の写真やテキストの無断転載はご遠慮ください。

T.T / Denim Trousers c.1920's

Code: Lot.704
Price:¥41,800 (tax in)
Point: 380 pt
SOLD OUT
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
  • instagram
  • facebook
  • twitter

カテゴリ一覧

ページトップへ